アメリカの生活情報

電圧について

アメリカの電圧は120Vで、日本と同じAタイプ(2穴)の電源プラグになります。
日本から電化製品を持っていく場合は、ほとんどそのまま使用できますが、安全のためには変圧器を持っていく方がいいでしょう。変圧器はアメリカで買うものは大きくかさばるので、日本で買って持って行く事をお勧めします。

電話について

市内通話料は州により異なりますが、公衆電話で50セント、家庭の契約電話で25セントぐらいがほとんどで、通話は無制限なので、長電話しても金額が変わることはありません。
市外通話料は時間ごと換算になりますが、会社などにかける場合はフリーダイヤルがあるのがほとんどです。
日本への国際電話はフォンカードと呼ばれるプリペイドカードがあり、コンビニやスーパーで買うことができます。タバコ屋などで売られているものは意外と安いことが多いが英語ではなくスペイン語等のカードも多い。
カードによって接続料がかかったりかからなかったりするうえ、接続の良し悪しもあるので、よく見て買うのがいいでしょう。

携帯電話について

今では海外で使える携帯電話もでてきましたが、基本的に携帯電話は日本とは通信システムが違うので、日本の携帯電話はアメリカでは使えません。
短・中期滞在者にはプリペイドカード式の携帯電話がお勧めです。
電話本体はその時の特別価格によりかなりの差があり、安いものだと無料のものもあります。通話料も、カードの額やプランなどにより、大きく異なってきますが、週末無料や深夜無料のものがおすすめです。
長期滞在者は現地で携帯を買うのが一番良いでしょう。携帯本体は高い事が多いですが、通話料が安く、殆ど基本料金以上払うことは無くて大丈夫でしょう。

インターネットについて

最近ではケーブルとADSLのブロードバンドが一般化しつつあります。ダイヤルアップでも、こちらの電話は時間無制限なので、日本のように電話代を気にしてインターネットを使うということはありません。料金は様々ですが、つなぎ放題のプランで20ドルくらいからあります。

郵便について

アメリカ国内でのハガキ:23セント
アメリカ国内での封書:37セント
日本へのハガキ・封書:80セント

国際郵便について

9・11のテロ以来、アメリカは国際郵便に関して厳しく取締るようになりました。
食料品に関しては特に厳しく、送る際に別のフォームに記入することが必要です。また、一連のBSE騒動により、牛肉製品(レトルトのカレーなど)は送ることができないと思ったほうがよいでしょう。

喫煙について

アメリカは各州によって法律が異なります。喫煙可能な年齢は18歳からです。レストランやカフェはほぼ全て禁煙のところが多く、室内で喫煙できる場所はバーやクラブなどを除くとごくわずかです。ワシントン州を例にあげると、車からのタバコのポイ捨ては罰金1025ドル(約12万3千円)が科せられます。タバコの値段は州やお店によりバラバラで、大都市に行けば行くほど高いと思っていいでしょう。時には一箱8ドル前後になることがあるので、禁煙するにはいい機会になるかもしれません。

水道水について

基本的には水道水は飲まない方がいいでしょう。フィルター付のタンクや浄水器がお手頃な値段で手に入るので、購入することをお勧めします。もしくは、飲料水のペットボトルをまとめ買いしておくのもいいでしょう。

公衆トイレについて

アメリカでは公衆トイレを探すのはちょっと大変です。ファーストフードやコンビニでは、店員さんに鍵を借りて入るものが多い。紙があるかを確認して入ることをお勧めします。

薬について

体格の違いなどから、薬は日本人には強すぎる場合があり、風邪薬、胃腸薬、頭痛薬など常備薬は持ってきたほうが安心です。薬は処方箋が必要なものも含めて、日本より安いです。