Archive for ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

就労体験が許可される制度

ワーキングホリデー
ワーキングホリデーとは、その名のとおり、働きながら休暇を楽しめる制度。国際交流を目的とした政府間協定で、日本人がワーキングホリデー制度を利用できる国は、現在のところ9カ国ある。英語圏では、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、非英語圏では、フランス、ドイツ、デンマーク、韓国となっている。

海外でアルバイトをしながら滞在資金を稼ぎ、最長1年間まで滞在が可能だ。18歳~25歳(または30歳)が対象となり、1カ国につき一生に一度の発行である。(ただし、オーストラリアについては一定の条件を満たすことで2回目のビザを申請することができる)

ビザに関する申請条件などは絶えず変化しているため、申請にあたっては各国の大使館やイミグレーションが開設している公式ページや、社団法人日本ワーキング・ホリデー協会のページなどで公式な情報を確認することが重要だ。

ワーキングホリデーで何ができる?

ワーキングホリデー制度を利用すれば、海外でアルバイトをしながら滞在資金を稼ぎ、最長1年間まで滞在が可能だ。学校へ通う期間や、同じ雇用主のもとで働いたりする際の期間の制限さえ守れば何をするかは自由。自分次第でなんでもできるが、充実した時間が送れるよう、下記を参考に事前に考えておこう。

【働く】仕事は英語力次第。日本食レストランの給仕やキッチンのお手伝い、おみやげ屋さんの店員、旅行会社の受付、添乗員、農場や工場での労働、ホテルのフロント、部屋の掃除係、日本語教師アシスタント、子どもの世話係など。

【旅行をする】時間はたっぷりあるので、バスや電車を使ってゆっくり回ってみよう。

【学校に行く】国により学校に通える期間に制限はあるが、現地の言葉を習っておいたほうが、その後の活動にも役立つはずだ。

【生活体験】現地の人の生活を知るためにホームステイをしたり、さまざまな国の留学生とルームシェアをしたり、現地の生活や文化に触れよう。

【ボランティア】アルバイトは英語力によって、できる仕事は限られてくるが、ボランティアなら話は別。自分の関心のある分野について、ボランティアを通して学ぶことは多いし、現地の言葉を学べるメリットもある。

【習い事をする】その国ならではの文化や音楽を習得するチャンス。日本ではできないことに挑戦してみよう。
【スポーツ】日本にはないスポーツをするのもいい経験。現地の人と交流できるので知り合いが増えるチャンスにもなる。

【資格を取る】ダイビングのライセンスやスキーインストラクターのライセンスなどいろいろな資格に挑戦してみよう。

 

ワーキングホリデーに強いエージェントに一括資料請求 ↓