Archive for その他の語学

その他の語学留学

個性的な言語で差をつけよう!

語学
世界中にはさまざまな言語が存在する。
リヒテンシュタイン、オーストリア、スイスなどでも話されるドイツ語は英語やオランダ語と同じゲルマン語派生のため、似た単語が多く存在する。
現代ビジネスにおいて重要な役割を担うであろうロシア語やブラジル語(ポルトガル語)を学ぶのも重要な武器になるだろう。
ほかにも中東・北アフリカ20カ国以上で話されているアラビア語やアジアで発展めざましいタイ語やベトナム語を学ぶのも面白い。

日本人に人気の言語とは?

英語以外の言語のうち日本人に特に人気があるのは、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、中国語、韓国語、ロシア語など。(特にワーキングホリデーを実施している国の言語は人気のようだ)

これらの人気の言語について、その背景や魅力についてクローズアップしてみよう。

【フランス語】
フランス語は、ベルギー、スイスや、旧植民地のセネガル、ギニアなどのアフリカで使われている。フランスの食文化や芸術、ファッションなどは世界中の人を魅了し、街はたくさんの観光客でにぎわっている。時間が許す限り、美術館やフランスの世界遺産を訪れたいところだ。

【スペイン語】
スペイン語はメキシコ、アルゼンチン、コスタリカ、ペルー、チリなど中南米やカリブ海の島々でも話されていて、その数は世界で約3億5千万人とも言われている。スペインに留学するなら、フラメンコや闘牛、美術・世界遺産はぜひ見ておきたい。物価が比較的安い中南米でスペイン語を学ぶのもスペインとは違った独自の文化に触れられるチャンス。

【ドイツ語】
ドイツ語はリヒテンシュタイン、オーストリア、スイス、ベルギーなどでも話されている。ドイツ語のみならず、ドイツでソーセージやパン作りなどのマイスター体験ができるプログラムは1週間から体験でき、お勧めだ。また多くの大聖堂が世界遺産に指定されていて、宮殿や庭園などの見所もいっぱい。余裕があれば古城ホテルに宿泊してみよう。

【中国語】
中国語は北京語、広東語、上海語、台湾語などの違いはあるものの、台湾、香港、マカオ、マレーシア、シンガポールなどでも使われている。中国の経済成長とともに中国語が話せる人材のニーズは今後ますます高まるといえる。最近では中国やシンガポールでのホテルインターンなどが人気。また中国茶、中華料理、二胡、太極拳、少林寺などを学ぶプログラムを組み合わせても楽しいだろう。

【イタリア語】
イタリア語はサンマリノ共和国、スイスの公用語とされているほか、ヨーロッパやアフリカの一部の地域などで使用されている。イタリアはミラノ、ナポリ、フィレンツェ、ヴェネツィアなど文化的にも歴史的にも魅力的な都市がたくさんあるので、どこへ行くか迷ってしまうほどだ。

【ロシア語】
ロシア語はベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ウクライナなどでも使用されていて、ロシア移民の多いイスラエル、ドイツでもロシア語を話している人口は多い。豊かな天然資源をもとにめざましい経済発展をとげており、モスクワの物価は急上昇している。ただし学費は安いので、サンプトペテルブルグなどで学ぶのがおすすめ。

【韓国語】
日本では韓流ブームで韓国語を学ぶ人口が増え、韓国からはワーキンホリデー制度を使って多くの若者が日本を訪れている。日韓の文化交流が進むにつれ、韓国語の需要も高まっていくだろう。チマチョゴリ、オンドル、焼き肉・キムチなどの韓国文化は知っている人も多いのでは?

 

語学留学に強いエージェントに一括資料請求 ↓