オーストラリアの教育制度

オーストラリアの初等・中等教育

オーストラリアの初等教育は、イヤー1(小学1年生)からイヤー6まで。イヤー7(日本の中学1年生に相当)からが中等教育になり、イヤー10(日本の高1に相当)までがJunior Secondary。ここまで(15歳)が義務教育だ。ここからは、イヤー11・12とSenior Secondaryに進むか、TAFE(3年制の専門学校)などに進む。
学校は州立と私立があり、初等・中等教育は、各州の教育省の管轄。5歳から就学し、イヤー7までを初等教育にする州など、州により多少の相違がある。私立校はキリスト教系の学校が多く、音楽やスポーツなどのコースを持つ学校もある。

オーストラリアの高等教育

大学進学を希望する場合は、Senior Secondaryの2年間に日本の大学の一般教養課程に相当する科目を学び、統一資格試験を受ける。この試験はニュー・サウス・ウエールズ州ではHSC(Higher School Certificate)と呼ばれるが、ビクトリア州はVCE(Victorian Certificate of Education)、クイーンズランド州はSenior Certificateと、州によって名称が違う。

オーストラリアは高等職業教育VET(Vocational Education and Training)が非常に充実してる。テーフあるいはターフと呼ばれる州立のTAFE(Technical and Further Education)のほか、私立のVETカレッジもたくさんある。

大学は、37の公立大学と2つの私立大学がある。日本の高校卒業資格でオーストラリアの大学学部に留学することができるが、実際には難度が高く困難。その場合は、大学のFoundation coursesへ進学して学部進学の準備をする。

オーストラリアの大学に関する詳しい情報はこちら

オーストラリアの留学事情

オーストラリアの中・高校は私立、公立問わず、多くの学校がアジアからの留学生を受け入れる体制を持っている。有償でホームステイを引き受ける家庭も多く、またオーストラリア留学を取り扱う留学サービス業者もたくさんある。留学しやすい理由は、為替レートがアメリカドルやカナダドルより低いことや留学ビザが発給されやすいこと、そして高校の留学生受入審査基準があまり高くないことが挙げられる。留学生に対して平等に扱ってくれるのも、オーストラリアの良いところ。もともと移民の多いこの国では、高校内でも数十カ国の国籍の学生が一緒に学んでいることも珍しくない。そのため、ほとんどの学校で、留学生のための英語集中コースが用意されている。

また、4学期制をとっているオーストラリアでは、各学期の始めならいつでも入学が可能。留学生にとっては、自国の教育制度とのズレを、さほど気にせずに入学することができたり、英語力が付いてきたら、1年待たずに次の学期から入学できる機会がまわってくる。

日本とは違う授業スタイル

学期は4学期制。1月末が学年始めで12月中旬に修了。州によって多少違うが、各学期は約10週間で、学期の間に2〜3週間の休みがあり、夏休みは6週間が一般的。ひとクラスの学生数は25〜30人。科目は、英語(国語)、数学、地理、歴史、科学、外国語、美術、音楽、体育、技術家庭科などからの選択で、日本語も選択できる。
放課後の部活動はなく、塾通いをする生徒もいない。スポーツは、水泳、テニス、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バスケットボールなどが盛ん。地域対抗や、学校対抗などの試合ごとに選手が選抜される。留学生でも地域のクラブ組織に参加できる。美術や新聞・放送など文化系の活動も盛んで、学生たちが自主的に創造的な活動をする。教科書は入学の際貸与され、コース修了時に返却。公立、私立とも制服着用の学校がほとんどです。